相続税が発生する条件とその確認方法

相続税に関して勉強する

対象になるものは何か

どんな時に相続税が発生するのか知ることで、すみやかに納められます。 家族や親戚が亡くなったら、お金を受け継ぐケースが多いと思います。 お金は相続税の対象なので、どのくらい納めれば良いのか早く計算してください。 故人の通帳を見れば、すぐ確認できます。

所有していた建物や土地

生前に故人が建物や土地を所有していた場合は、それも受け継げます。 ただ相続税が発生するので、お金を用意しましょう。 アパートやマンションを所有している場合は、契約書などが残っているはずです。 故人の持ち物を調べて、不動産がないかチェックしましょう。

発生する時の条件を知る

家族や親戚が亡くなった際、故人が所有していたお金を受け継ぐかもしれません。
お金は、相続税の対象になります。
現金として渡されなくても、自分の口座に振り込まれたり、小切手を渡された場合は相続税が発生するので、忘れずに支払ってください。
故人の口座にまだお金が残っている場合は、引き出さなければいけません。
勝手に引き出すのはいけません。
自分以外に遺産を受け継ぐ人がいたら、許可を得てから引き出しましょう。

故人が土地や建物を所有していた時も、相続税の対象になると覚えておきましょう。
マンションやアパートを受け継いだ際は、賃貸経営ができるかもしれません。
相続税として、高額な税金を納めることになっても、上手く賃貸経営ができれば利益を増やせます。
土地をもらっても、使い道がない時は売りましょう。
不動産会社に相談すれば、土地を欲しがっている人を見つけてくれます。
自分で探すより手っ取り早いので、土地を受け継いだらどうするか早く決めましょう。

意外と忘れがちなのが、車や貴金属といった物です。
それらを動産と呼んでいます。
動産を受け継いだ場合も、相続税が発生します。
故人が趣味で集めていた骨董品なども含まれるので、必要なかったら早めに売りましょう。
さらにゴルフ会員権などの権利も、相続税の対象です。
そのままにしておくと、年会費なども発生するので出費が増えます。
家族や親戚がなくなったら、すみやかに解約する手続きを取ってください。

動産を持っている場合

建物や土地は動かないので、不動産と言います。 車や貴金属などは、持ち歩けるものなので動産と呼びます。 動産を受け継いだ場合も、相続税が掛かります。 忘れやすい部分なので、故人が所有していた動産がどのようなものなのか調べてください。 動産があったら、相続税の額を計算しましょう。


ページ
Topへ