>

対象になるものは何か

遺産を受け継いだ時に発生

故人が亡くなった時、お金を受け継ぐことがあります。
相続税が発生しますが、金額は一定ではありません。
受け継いだ金額によって変わります。
自分で計算することもできますし、難しければ税理士などの専門家に相談しても良いと思います。
計算が苦手な人は、自分で計算すると間違えてしまうかもしれません。
正しい相続税を納めないといけないので、心配なら税理士に任せてください。

誰かが亡くなった際は、お葬式の準備で忙しくなります。
人手が足りていないと、相続税を計算する時間がなくなってしまいます。
相続税を納めなければいけない期間が決まっているので、その期間内に納められるよう計算は税理士に任せましょう。
すると、確実な金額が分かります。

口座にお金が残っている場合

急に故人がなくなった場合は、生前に使っていた口座がそのままになっていると思います。
人が無くなると、一時的に口座は凍結されます。
手続きをすることで、家族が引き出せるようになります。
まだ個人の口座にお金が入っている際は、まずお金を引き出しましょう。
自分以外にも、遺産を受け継ぐ人がいるかもしれません。
口座からお金を引き出す際は、勝手に引き出さないでください。

他の人から許可を得てから、引き出しましょう。
また口座の全ての遺産を受け継げるわけではありません。
故人の遺言があれば、その通りに分けてください。
遺言がない場合は、残された人たちで話し合って分けましょう。
自分がもらえる金額がわかったら、相続税を計算してください。



ページ
Topへ