>

所有していた建物や土地

アパートやマンションを受け継ごう

相続税には、建物も含まれます。
故人がアパートやマンションを所有していて、お金ではなくそちらを受け継ぐこともあります。
アパートなどを受け継いでも、使い道がないと思っている人がいるでしょう。
しかし上手く活用すれば、たくさんの利益を得られます。
賃貸として人に貸せば、収入を得られるので頑張って経営してください。

綺麗に整えていれば、入居者が順調に増えると思います。
建物の規模が大きいと、こちらが支払う相続税が高くなります。
有効活用しないと、出費が多くなるだけで終わるので、もったいないです。
急に建物を受け継ぐと、どのように使えば良いのかわからなくて戸惑ってしまうかもしれません。
早めに、賃貸経営の方法を調べてください。

土地をどうするか判断しよう

土地も不動産なので、相続税が発生します。
故人が所有していた土地を遺産として受け継いだ場合は、そのまま自分が所有するか、手放すか選択しなければいけません。
土地に新しく建物を建設しても良いですね。
ちょうどどこかに家を建てて、引っ越したいと考えている人におすすめです。
しかし、特に土地の使い道がない人は持っていると相続税が発生するだけなので手放した方が良いです・

不動産会社に相談すれば、買い手を見つけてくれます。
故人が不動産を所有しているか調べる時は、書類を確認してください。
不動産を持っていれば、契約書などの書類が必ずあるはずです。
売る時にも書類が必要になるので、故人が亡くなったら早めに書類を探してください。



ページ
Topへ